美容に欠かせない【女性ホルモン】の働きとは?バストアップ・美肌効果あり

美肌効果などにも影響がある『女性ホルモン』。

そんな女性にとって大切な女性ホルモンについて、どれくらいの知識がありますか?

今回は、簡単に女性ホルモンについてまとめてみました。

女性ホルモンは2種類ある?

実は、女性ホルモンは2種類あるんです。

エストロゲン』と『プロゲステロン』です。

この2つは全く正反対の働きを持っているんです。

それでは、1つ1つ詳しく見ていきましょう 😛

『エストロゲン』の働き

エストロゲンは、美肌作り・髪にツヤを与える・バストやヒップにふっくらとしたボリュームを与えるなどの女性を美しくしてくれる働きを持っているので美人ホルモンと呼ばれています。

女性らしい丸みのある体作りやメラニン色素の沈着を防ぎ、また脳や自律神経にも働きます。

『プロゲステロン』の働き

プロゲステロンは、妊娠の為の準備をしてくれます

主な作用は、メラニン色素の沈着を促進させたり、ニキビをできやすくするなどちょっと嫌なことに働くので、ブスホルモンと呼ばれています。

エストロゲンとは、全く正反対の働きをしているのが分かります。

これらのことから、『プロゲステロン』はいらないのでは?と思ってしまうと思いますが、『エストロゲン』と『プロゲステロン』2つがバランスよく働くことで女性の健康が保たれているので、どちらかが欠けてしまうと大変なことになります。

しかし、増やしていきたいのは『エストロゲン』ですよね!

その為には、エストロゲンに働きかけてくれる『大豆イソフラボン』を積極的に摂取していきましょう。

大豆豆乳納豆味噌豆腐などです。

※取り過ぎは注意が必要なので適量を毎日摂取するようにしてください。

『大豆イソフラボン』は、バストアップにも効果的な食材で有名な物ばかりですよね。

つまり、バストアップにも女性ホルモンは大事なんです。

『エストロゲン』が不足してしまわないように気を付けて、バストアップを目指していきましょう。

☆あわせて読みたい記事【美バストへの道】バストアップの為に正しい生活習慣を身につけよう

女性は、自分が美しくあることで何よりの幸せを感じることができるんだそうです。

お肌の調子が良いと自然と自信が持てたり、気分が上がりますよね?

人によって価値観は違いますが、これだけはあながち間違っていないような気がします 😉

歳をとっても綺麗なお肌でいたいですね!