血流アップ効果のあるツボ押しでバストアップ!肩こり解消にも効果的

【美バストへの道】バストアップの為に正しい生活習慣を身につけよう「もう少し胸が大きければ!!」

バストについての悩みは多くの女性が抱えていますよね?

今回は、バストアップに効果的なツボを紹介します。

ツボを押すことで、胸にある「乳腺」が活性化し、それにより乳腺周辺に脂肪がつきやすくなりバストアップが期待できるのです。

また、大きくした胸を綺麗に保ちたいなら、ツボ押しと並行して筋トレマッサージをすると効果的です。

筋トレはバストの土台となる「大胸筋」を鍛えることで、バストを引き上げてくれます。

詳しくはこちらの記事を→バストアップのための筋トレ方法!大胸筋を鍛え2サイズUPを目指そう

マッサージは、ハリを出してくれます。

詳しくはこちらの記事を→

バストアップに効果的なツボ

壇中(だんちゅう)

女性ホルモンを活発にし、ストレス解消にも効果的です。

痛くない程度の力で3~5秒押す(息を吐くときに押す)を10回繰り返す

中府(ちゅうふ)

バストのリンパの流れを良くしてくれます

鎖骨の下の窪みから親指分下に下がったところにあるツボです。

人差し指・中指・薬指を使い円を描くようにぐりぐりと息を吐きながら5秒押すを20回。

乳根(にゅうこん)

女性ホルモンの分泌を活性化させ、生理不順にも効果的なツボです。

乳頭からまっすぐ下に指2本分のところにあります。

痛くない程度の力で3~5秒押す(息を吐きながら押す)を10回繰り返す。

天渓(てんけい)

乳腺のの発達を促すことでバストの大きさやハリに効果的なツボです。

左右の乳首から外側のバストのはしの肋骨の間にあります。

痛くない程度の力で3~5秒押す(押すときは息を吐きながら)を10回.

淵腋(えんえき)

血行を良くしてバストに栄養を届けるのを助けてくれるツボ。

肋骨と肋骨の間にあります。

痛くない程度の力で3~5秒押す(押すときは息を吐きながら)を10回

ツボ押しのベストタイム

入浴後寝る前に行うのが効果的です。

おすすめは、血行が良くなっている入浴後で、しっかりと湯船につかることも重要です。

ツボ押しは、リラックス効果もあるので寝る前でも大丈夫です。

入浴後と寝る前のどちらかで行いましょう。

肩こりのある人は、肩甲骨を動かしながら行うことで肩こりも解消できます。

生理中・生理前はツボを押す力をいつもより少し弱めにしてください。

まとめ

効果が出てくるまで少なくても1ヶ月は続けないと実感が得られません。

諦めずに毎日続けましょう。

また、あわせて生活習慣(睡眠)を見直してみましょう。

睡眠は7時間(22時~2時の間は成長ホルモンが活性化する時間帯)は寝るようにしましょう。

体の修復機能が活性化するので血流やリンパの流れも良くなります。

詳しくはこちらを参考に→【美バストへの道】バストアップの為に正しい生活習慣を身につけよう

これらも一緒に注意していくとよりツボ押しの効果が上がります 😉